不動産売却ガイド

不動産売却の流れ

売却相談

ご所有になられている建物や土地のご売却を検討される理由や、ご予定によって、様々な売却方法を検討することが出来ます。 少しでもお考えになられ始めたら、まずはお気軽に御相談下さい。 所有している不動産がどれ位の価格で売れるか、住宅ローンが残っている物件を売るにはどうしたらよいか、また、税金や手数料などの諸経費をどの程度見込めばよいかなどについて、売主様の状況にあった売却方法を提案させて頂きます。

売却相談のイメージ

諸経費と税金について

不動産を売却される際は、売却金額=お手取り金額となる訳ではございません。 不動産会社へ支払う仲介手数料や土地の面積を確定させるための測量費など必要な経費がいくつかございます。

つまり、売却後のお手取り金額は、不動産売却金額から諸費用を引いた残りの金額となります。

主な諸経費

仲介手数料

ご売却が成約した場合にのみ、その取引額に応じて所定の仲介手数料(消費税込)が必要となります。
※ご売却相談をいただいても、ご成約に至らなかった場合や、ご売却を途中で取りやめたなどの場合には、仲介手数料は発生しません。

仲介手数料

隣地との境界を確定させる場合、面積を確定させる場合に必要になります。

住宅ローン

住宅ローンが残っている場合には借入金の返済・抵当権の抹消手続きが必要です。

主な税金

印紙税

契約書に貼る印紙代です。売買代金により額面は異なります。

所得税・住民税

ご売却にともなう譲渡益が出た場合、所得税・住民税が必要となります。 ご売却不動産の所有期間や居住用財産であるかなど、諸条件により計算方法が異なります。

さらに、リフォームをする方が良い場合、建物を解体して更地にする方が良い場合では、その費用負担も必要です。

上に戻る